ブログ

  • HOME > 
  • ブログ

中高年の皆様!!死ぬまで働きなさい!!と…きみまろ師匠なら言うかもしれない。

現に私が中高年である。京都府のホームページを読んだ。中年とは、社会的にも身体的にも「喪失」の時期である!!と。その言葉…確かに…やけに説得力があり、納得する。そして、ガッカリである。
しかし!!
中高年の皆様、ここで落ち込むのはまだ早い。だから、働くのです。

定年退職なんて、社会が勝手に決めたルールに過ぎない。型にはまる必要性はこれっぽっちもない。

公的年金や生活保護、あらゆる支援制度は、病気やケガ等の事情により働けない方々のためのものである。
国家ももう少し私達のことを考えて欲しいものだ。年金制度は破綻するに違いない。財源をどこから持ってくるかなんて…無い袖は振るえない。中高年も年金受給者ではなく、経験豊かな労働力と認識するべきである。定年退職者の再雇用、再々雇用を常態化いや、意識だけでもして欲しい。そのうち、それは常識に代わる。

60歳で退職して、老後はのんびりと年金生活。とお考えの皆様!!現在、悠々自適の年金生活を実行中の皆様!!…しかし、実際は、働きに出たい。が…「60歳までは第一線でバリバリ仕事をしていたのに、何の肩書きもない職に就けるか!」という方々も多いはずだ。
「しかし、考えてみてくださいよ。60歳までバリバリ働き、日本を背負って来られた社会戦士達ですよ。私達は。若者達から感謝されて当然なんです。長年の経験を活かせる仕事に就ければ言うことなしです。ただ、すべては思い通りにいかない…これがまたいいんですよ。60歳代、70歳代…それぞれのペースで仕事ができるのですから。まぁ、希望通りの仕事ではないくらい少しのストレスと戦っているほうが、仕事終わりのビールも旨いし、休日だって楽しくなりますよ。なにより、若くいられる!!これが何物にも代えがたい!!」

私は、中高年の働ける場所、老後の楽しく安心して暮らせる場所作りをしたい。と、しがない中高年ながら、大きな野望を持っている。

今の日本は、あなた達のおかげであるのですよ!!そういう勘違い、おごり高ぶりは至って結構!!

病気という新たな親友と共に老体に鞭を打ち、働くのだ!!私…
中高年の皆様、病院通いはお忘れなく!!

私達は社会に応援されるのではなく、社会をオウエンするのです!!

今…じゃないでしょ。

2015年06月13日

MERSの感染は更に拡大し、未だ終息を見せない。

韓国に向け出国する日本人観光客が激減する中、恐れを知らない

日本人観光客がいる。自らの意思で、韓国旅行を

楽しむのだから仮に感染しても、自己責任では無かろうか。

と個人的には思う。もう1つ、私は感染したくない。

お願いだから、MERSを持ち込まないでくれー。終息してからでも

韓国旅行は遅くない…

あの人に会いたい

2015年06月12日

暑い日や雨が多い時期となりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。

私は…ちょっと、良いとこがありました。宜しければ、探偵ウォッチに

掲載された当事務所の記事をご覧ください。
↓ ↓ ↓
一期一会~東北新幹線開通に新ドラマ~

近年、中国人をはじめ、アジアからの外国人観光客をよく目にする。特に京都は観光地のためアジアに限らず、外国人観光客を見かける機会が多い。

しかし、アジアからの観光客と欧米からの観光客では所持品に大きな違いがある。自撮り棒(セルカ棒)を使用しているのはアジア系の方達が多い。欧米系の方が使用している姿を私は見たことがない。

逆に、サムライグッズを持ったり、忍者のコスチュームで観光地を歩いている欧米系観光客は見るが、アジア系観光客は見たことがない。

私にとっては、セルカ棒を使用している様子も、忍者が歩いている様子も…ちょっと面白い光景で見入ってしまったりする。

アジア諸国の一部は歴史的背景もあって「日本の文化が好き」とはいかないのかも知れない。欧米の方々は「サムライと忍者が好き」という方も多いようだ。


大阪都構想は、実現せず…。大阪都構想は、「橋下徹の野望」というストーリーの序章に過ぎなかったような気がするのは私だけでしょうか。
平成27年5月17日の住民選挙が実現されたことも、歴史に残る出来事ではないでしょうか。

大阪都構想の是非を問う住民投票は、賛成49.62%、反対50.38%とパーセンテージにすると僅差で、廃案となった。結果論だが、賛成が過半数を超える可能性も十分にあったように思う。ただ、1万741票差と聞くと、大差だったとも思う。「どっちやねん!」ということになるが、私は大阪市民ではない。近年の選挙投票率の低下を懸念する立場にもないが、「1票の大切さ」の判りやすい選挙であった。投票率66.83%の数字からも、普段選挙に関心はないが、今回は投票に行かれたという方も多かったと予想される。また、大阪市民に限らず、国民の関心事であったことは言うまでもない。

政治に明るくない私が、橋下市長の野望を語るな!と自分でも思う。ただ、そんな無知な私にも政治に関心を向かせた橋下徹市長は、すごい。良くも悪くもこれだけマスコミからも注目される地方の政治家はそうそういない。
橋本市長が描いたのは、大阪都構想実現後、国政に打って出る。最終は総理大臣!!であろう。

さて、この後の大阪維新の会、維新の党はどうなるのであろう。橋下徹市長が公言通り、政界の最前線から退くのであれば、維新の会は勢いがなくなるのではなかろうか。言い方は悪いが…と前置きしておく。維新の会の勢いだけに乗っかり当選した議員達は鞍替えを考えなければならない。橋下市長の後任は誰になるのか…。次期市長も維新の会メンバーから選ばれたとしても現任の顔ぶれからは思いつかない。知識、改革的な思考、ブレーン、そして、強烈な個性と行動力を持った人物でないと、今回賛成票を投じた市民は拍子抜けである。と…なると政治家ではない人物となる。辛坊治郎氏の出馬が囁かれているというより、彼には維新の会からオファーがあったということであろう。島田紳助氏よりかは現実的な話かもしれない。今回の選挙に反対票を投じた市民の方達は誰を次期市長として希望するのであろう。

「候補者を予想するとか…適任者の名前を挙げるって難しいもんですね。
賛成や反対をするのは簡単!!だったら、新しい案を出して来いよ!!…てことでしょうか。」

探偵ウォッチ

このページの先頭へ戻る